前田公園(豊田市)梅お花見みどころ感想

【みどころ】 小さな公園なのに梅が5本ぐらいあって、5分咲きぐらいきれいに咲いていることやここは気づかないと思うのに知らない人が多いと思います。白い梅や赤い梅があります。2月16日に行きましたが、梅で有名な平芝公園は梅の見頃が3月頃なので、豊田市にしては早いほうだと思います。ここは桜も有名だそうです。

【おすすめのお花見方法】 駐車場からマレットゴルフ場の中を抜け、道路に出て、左側を歩いて、前田公園の看板が見えてくるので、枝下用水のところを渡ってから階段があるので、前田公園の看板をくぐって、左に曲がると稲荷大明神という神社や聖徳太子像などがあり、その前に咲いています。

【感想(ここが良かった or 良くなかった)】 こんなところに梅の木があるのかと思うくらい、とても目立たないところで、梅がある理由は神社に菅原道真が祭られているからだそうです。赤い梅や白い梅が咲いていることが良かったです。他に聖徳太子の像があることや前田家記念堂などがあります。 公園にあまり人がいなく、人気(ひとけ)のないところなので、若い女の人は誰かと行って、不審者には気をつけた方がよさそうです。

【場所】 豊田市平戸橋町波岩 枝下用水から南側は平戸橋公園なので間違えないように注意が必要です。

【アクセス】 名鉄三河線平戸橋駅から徒歩15分 猿投グリーンロード西広瀬インターで下りて、県道11号線を南に車で約10分

【混雑状況】 すいています。穴場だと思います。駐車場はありますが、近くにマレットゴルフ場や民芸館があって、共同の駐車場なので、結構車が止まっています。駐車場の上にも新しい公園が造設中なのでそれが出来たら混むかもしれません。

【料金】 無料です。駐車場も無料です。

【ランチやディナーや観光など周辺スポットで一緒に行きたいおすすめの場所は?】

この近くだと、平戸橋公園も今は梅やマンサク、アセビが咲いています。民芸館は土雛が展示してあります。ひな祭りスタンプラリーもやっていて、3月10日までだそうです。 平戸橋公園から南西へ行くと、「民芸の森」もあります。民芸の森は比較的新しく、森の中でアート展をやっていて、私が行ったときは動物の絵を描いたプラスティックの板を森のあちこちに展示してありました。今は室内で「瀬戸本業釜—くらしとともにー」をやっているそうです。 この近くだと、「コノミヤ青木店」というスーパーに「スガキヤ」が入っているので、そこで食べられます。もう少し南に行くと、「ジョイフル梅坪店」でも食べられます。

ドラマ「デート~恋とはどんなものかしら~」みどころ感想2015年月9

月9という数々の恋愛ドラマでヒットを打ち立てた枠で2015年に放送されたドラマです。しかし過去の王道の恋愛ドラマとは一線を画す恋愛ドラマといってもいいでしょう。まず、主人公の2人は供に恋愛経験がなくキャラクターが濃すぎます。女性は杏さん演じる堅物の理系女子(依子)で、男性は長谷川博己さん演じるニート(巧)の2人が恋愛するという奇想天外のドラマです。しかしただただ普通に恋愛をするわけじゃありません。巧は自分が働きたくないがために、働く女性のヒモとして生きることを決意します。そこで寄生目的のために結婚相手を探し、そこで依子と出会うのです。もうこの時点で普通の月9恋愛ドラマとは全く違いますよね。そんな2人がデートを重ねていくストーリーなのですが、巧は依子に出版社勤務と嘘を付いて隠しています。次第に嘘がバレていくのですが、依子と巧には次第に恋愛感情が生まれていくことになるのです。その過程に様々なトラブルや困難が起こるのですが、ただの感動ではなく爆笑の連続で毎週お腹をかかえて笑ってみていましたね。脚本家はリーガルハイでおなじみの古沢良太さんと聞いて納得しました。初回からこの独特な世界観に引き込まれて、これは久々に物凄いドラマが来たなといった印象でしたね。間違いなく他のドラマとは面白みが段違いで中毒性もあります。巧が仕掛けたフラッシュモブのシーンは日本のドラマ史に残る迷シーン、いや名シーンといえるでしょう。そして巧のクズっぷりが徹底的なのも笑えます。ニートをどう立ち直らせるのかではなく、どう働かずに生きていくかを描いてるのもこのドラマの魅力だと思います。何か見ていて変な夢や希望を抱いてしまいますね。このように、このドラマはキュンキュンする恋愛ドラマではなくコメディー全開のぶっ飛んだドラマです。しかし脚本家のセンスが全開でとてもレベルの高いドラマに仕上がっているなという印象です。また、高等遊民というニートの別名もセンスを感じましたね。もしこのドラマが爆発的に流行ったら高等遊民は流行語大賞にノミネートされていたでしょう。私の中では2015年の流行語大賞でしたけどね。巧のことばかり書いてしまいましたが、依子の堅物女子っぷりも相当なものです。しかし親孝行であったり、どこか可愛く見える瞬間もあったり魅力的な新たなヒロイン像だと思いましたね。とにかくコメディー満載なのですが、最後の最後で大きなキュンキュンポイントがあります。それが何なのかは是非、自分の目で確かめて欲しいですね。イビサクリームおすすめ

千葉の印西牧・新鎌ヶ谷(国道464号線)桜お花見

千葉の印西牧の原から新鎌ヶ谷までを走る国道464号線沿いは大変桜の時期は美しく、特別にここをみるための場所があるわけではないのですな、是非来ていただきたいスポットです。上り線も下り線も同様に桜を楽しむことができます。新鎌ヶ谷方面では駅付近にイオンとアクロスモールというショッピングセンターがあり、新鎌ヶ谷付近からドライブをスタートするとしたら、こちらで食べ物や飲み物を準備してからがおすすめです。もちろん、そのまま印西牧の原方面に進みますと途中、千葉ニュータウン中央で道路に沿って飲食店が並ぶようになるほか、大きなイオンモールがありますので、花見がてら途中で寄り道するのもよいかもしれませんね。鎌ヶ谷からの下りから説明してまいりますと、その千葉ニュータウン中央付近にはイタリアンの食べ放題など、があるほか、ガソリンスタンドに併設されているドトールコーヒーや、ドライブスルーつきのスターバックスもあります。そちらで一休みしたりしながらのドライブも気持ちよいかもしれません。コンビニエンスストアも充実していますから、とくに大きなショッピングセンターにはよりたくない方も安心です。その他カインズホームセンターやジョイフル本田、コストコといった大型のホームセンター、ショッピングセンターもありますから、お花見がてらの買い出しもできます。反対の上り線ですが、印西牧の原にビッグホップというショッピングモールがありますが、ここはイオンモールのようなかんじです。が、建物の中にはないため、ペットをつれてあるいても大丈夫です。小さめの観覧車がありますから、せっかく立ち寄ったのであればここから眺めを是非お楽しみいただければと思います。成田方面までよく見晴らすことができます。上り方面には大きなスーパーやホームセンターなどが途中には特にないので、下りからお花見を始める人は地元でまず飲食するものを軽く用意するか、上りにもコンビニエンスストアはあるので、そこで調達しながら、先にお花見に特化したドライブをするとよいかと思います。下りでにゆっくり買い物をしながら帰るといった感じになるでしょうね。道幅が広く、直線の道路ですから、うっかり速度の出しすぎに注意してください。よく白バイがパトロールしていますよ!楽しいドライブ、お花見が台無しにならないよう、安全運転で楽しんできてもらいたいと思います。ただ、土日や祝日はここにあげたショッピングモールなどの影響から、大変渋滞するため、むしろ出発は早めに、帰宅も併せて早めにといった方がスムーズに楽しめるのではないかと思います。

オルビスディフェンセラおすすめ

津天満宮桜お花見みどころ

【見どころ】


岩津天満宮桜お花見みどころ

ここはウメだけなのですが、節分祭もちょうどやっていたことです。

料金

基本的に無料ですが、賽銭も上げた方が良いです。

【見ごろ時期(いつからいつまで)】

2月上旬から3月中旬までです。

【住所】

愛知県岡崎市岩津町字東山53

【アクセス】

JR岡崎駅より岡崎駅前乗り場、2番、奥殿陣屋または東名岩津方面行き岩津天神口下車徒歩8分 名鉄東岡崎駅より北口バスターミナル4番、奥殿陣屋または東名岩津、足助方面行き岩津天神口下車、上記の通り。 東名高速道路岡崎インターまたは伊勢湾岸自動車道豊田南インターまたは豊田東インターで下りる。

【混雑状況】

この日は節分祭でしたが、早く行ったのですいていました。

【感想】

名鉄の駅で配っているパンフレットを見ていったのですが、行ったときはまだ早くて、咲き始めでした。神楽殿の前と飛梅殿の生け垣の向こう側と第3駐車場にも咲いていました。東山梅苑にも咲いているそうですが、本殿から遠く、わかりにくくて行けませんでした。神橋梅苑の前は咲いていませんでした。ちょうど、節分祭をやっており、豆打ちの儀の後に豆をまいて、私も1袋拾えました。初めて節分祭に行きましたが、鬼も登場して楽しかったです。 【周辺のグルメスポット】 国道248号線沿いにやよい軒があり、おすすめです。岡崎方面だと右側になってしまうのですが、「ザめしや」や「はなまるうどん」もおすすめです。豊田市まで来ると、びっくりドンキー、イオンスタイル豊田店もあり、おすすめです。

【周辺の遊びスポット】

ここからだと「奥殿陣屋」もバラが5月に咲き、遊ぶところはありませんが、日本庭園を見ながら抹茶やお菓子を食べることができます。私が行ったときは11月でバラが少し咲いていました。「豊田地域文化広場」は子供の遊ぶところが室内にあり、温水プールや工作教室もあります。「岡崎自然の森」も遊ぶところはありませんが、ここから近く、散策することができます。エコット(豊田市環境学習施設)も環境について学習しながら、勉強することができます。

【おすすめの花見方法】

鳥居をくぐって、神橋梅苑で梅を見て、本殿の前で梅を見て、飛梅殿の前で梅を見て、東山梅苑まで行って、梅を見るのが良いと思います。

【その他 】

東山梅苑はわかりにくいので、場所を把握して行った方が良いです。2月25日は神様に梅をお供えする梅花祭が行われるそうで、2月上旬から3月中旬は梅祭りだそうです。

埼玉県権現堂公園桜菜の花みどころ混雑状況

権現堂公園は四季折々の花を楽しめる埼玉県では有名な公園です。春の桜の季節には堤の桜とその周辺の菜の花畑に咲く菜の花の共演が見事です。晴れた日には空の青、桜のピンク、菜の花の黄色のコントラストが美しいです。公園内はトイレ、駐車場、売店もあります。ただ桜のシーズンは混雑し、土日ともなれば激しい混雑となりますので車でのアクセスは控えた方がいいです。また最寄り駅は東武鉄道日光線幸手駅ですが、駅から約2キロ以上あります。もちろん路線バスもありますが、桜シーズンは渋滞しますので車でのアクセス同様に路線バスの利用も控えた方がいいでしょう。路線バスは幸手駅東口バス停2番乗り場より五霞町役場前行きで権現堂下車です。通常であれば10分で着きます。運賃は180円です。PASMO、Suicaも使えます。公共交通以外だと、幸手駅周辺の駐輪所にはレンタサイクルがありますし、旧日光街道の宿場町である幸手の街を歩きながら権現堂公園に向かうのもいいでしょう。体力に自信のない方はタクシーを利用してみるのもいいです。タクシーなら渋滞にハマることなく裏道をスイスイと走ってくれますのでストレスもなく早くアクセスできます。